スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「公園テビュー―母たちのオキテ」 本山 ちさと
公園テビュー―母たちのオキテ

(本文から引用)

私には、公園の母たちが、ハハ族というひとつの怪物のように見えていた。
ちょっと見にはやさしい顔をして、明るく楽しそうにしているが、実は排他的で、序列を重んじ、和を乱す出る杭は「子供がかわいそう」と言ってうつ、恐ろしい怪物。しかし、ひとりひとりバラバラにして、一対一で話をすると、怪物でも何でもない。恐ろしくも何ともない。自分と同じひとりの人間だ。ちゃんと気持ちが通じあえる。

私は、ハハ族の正体がわかりかけた気がした。ハハ族の分子である母たちは、個人のときと、集団のときでは人格が変わるのだ。


日本人が複数集まってできる組織というのはみんな同じだなあ、と思うわけですよ。上の文章の「母」を「サラリーマン」に、「ハハ族」を「会社族」とかに置換して読んでみても、あんまり違和感ないからね。

「個性」を尊重するポーズだけはとっている、「個人」を許さない団体。

それが日本人が形成しがちな集団なのですが、それがイヤだからといって、全くどの組織にも属さずに生きていくこともこれはまたできないわけで、そういう集団の中で自分の立ち位置を上手く決めて、うまいことやっていかなければならんのです。ああ、めんどくさい。

著者はその辺りをバランスよくやってるなあ、と感心しました。
客観的なものの見方や、それに対する自分なりの考え方を確立しておかないと、この国では生きてはいけないのですよ。これは言い過ぎではなくてね、本当にそう思うのです。


なんて、重苦しいことを言っていますが、基本的には笑いながら気楽な感じで読める一冊です。
集団の中にいるとちょっと疲れてしまうことが多い方にオススメ。
スポンサーサイト
はやり
流行に乗ってみたりする。

○その1 沖縄

・沖縄を日本から切り離して中国へ売り渡します ~正気とは思えない民主党の政策~

民主党の沖縄がらみの政策で盛り上がってるみたいです。

民主党の沖縄ビジョン:民主党公式HP

キーワードは
自主自立、一国二制度、ビザ免除、地域通貨、日本と時差、中国語教育
あたりらしいですね。

奄美を含む琉球弧を大事にしようという考えには大いに賛成ですが、これじゃあちょっと・・・。

○その2 4コマ

国民新党のサイトの左メニューから「4コマ」を。

やっぱダメだわ。この人達。
#「国民新党 4コマ 倉庫」あたりでぐぐると面白いかも。


選挙については未だに悩み中。
多分当日まで悩んでるんだろうなあ。
兵庫大仏とたそがれライブ
神戸の和田岬に大仏があることは、あまり知られていません。

050828HD.jpg

なんせ新しいので、なんとなくありがたみが無いような気がしますが、なかなか良いお顔をしておられましたよ。

この大仏様は戦前までこの地に日本3大大仏のひとつとして知られ、平成3年に復興されたそうです。
#戦時中、「金属回収令」で一度なくなってしまったそうです。

「3大大仏」というのは自己申告なのか、本当に呼ばれていたのか。
そういうことを詮索しないのが、大人ってものなのでしょうか。よく分かりませんが。


・・・・・・


夕方からは須磨海浜水族園へ。なんだか毎月行ってますなあ。

050828SA.jpg

たそがれライブ(夕方のイルカショー)はイルカにあまり無理をさせていない感じが好印象でした。
段々暗くなる時間帯に、涼しげ&楽しげな雰囲気をまったり楽しめて良かったです。
8月一杯までの開催らしく、そろそろおしまいなのがちょっと残念。
ヴィッセル神戸 VS 大分トリニータ
実は、行く予定ではなかったのです。
ユニバーはちと不便だし、トラックがあるからサッカー見難いし、かみさんは身重だし。
でもですね、J1の18位と17位の直接対決となってしまったこの試合を応援しないで、何がサポだと思い、行ってまいりました。

050827VSTrinita.jpg

結果。2-1。

勝った!

泣くほど嬉しい!

と言いますか、こちらが点を決めたときは半べそでしたよ。ええ。
挙句、2点目が決まったときは叫び倒してしまい、まだちょっと喉の調子がおかしいです。あはは。

勝ってもまだ最下位だったりしますが、多分時間の問題、だといいなあ。

14番ユニで応援する私としては、ホル様の調子が戻ってきたことがとにかく嬉しいです。
特に、今日のスルーパスと観客の煽りっぷりはお見事でした。
どちらもスタンドのテンションが一気に上がりましたよ。

いやいや、勝ち試合は気分がいいなあ。
事故に遭遇
連れ&教え子とドライブ中、バイパスのカーブの出口でおっさんが倒れているのを発見したので、とりあえず車を止めて助けることに。

<状況>

・バイクはビッグスクータ系。
・とりあえずおっさんは血まみれ
・ヘルメットは遠くに飛んでいる。たぶん、紐を締めていなかったに違いない。
・頭に大きな外傷は無く、目は開いていて、一応意識はある。
・右腕がありえない方向に曲っている
・というか、複雑骨折というのものを初めて見て膝が震える

・・・おそらく、コーナーにオーバースピードで突入し、下手なブレーキングをしてハイサイドでも食らったのだろうね。

で、頭ではなく、右腕から道脇の壁(バイパスだったから)に突っ込んだ、と。

<対処>

・連れが110番。私が後続車に注意を促し、誘導
・おっさんは「大丈夫大丈夫。救急車とか呼ばなくても大丈夫」とか言いながら、ぶらぶらの腕を動かそうとするので(ひぃぃぃぃ)、「動いたらあかんって」とか「もうちょっとの辛抱やから、じっとしとき」とか、なんだか年齢とか無視して叫び倒す。ごめんな、おっちゃん。
・連れが三角表示板を設置。
・もう一人見知らぬ人が車を止めて助けてくれて、発煙筒をたいてくれる。
・そのうち救急車が来て、我々は現場から立ち去った。ああ、恐かった。

見通しが悪かったので、下手すりゃこっちが轢かれてましたかもなあ、って今になって恐くなってきたよ。

<分かったこと>

・大きな怪我をした直後は痛みを感じないというのは本当らしい。
・つーか、多分おっさん何にもおぼえてないんだろうなあ。
・これを書いているうちに段々恐くなってきました。現場では何とか大丈夫だったのになあ。
・とにかく、バイク乗りは気をつけるように。特に銀翼に乗っているkoma_ez氏。
「いやげ物」 みうらじゅん
いやげ物

貰ってもちっとも嬉しくないみやげ物である「いやげ物」をこれでもかと紹介。

意味不明の掛け軸、意味不明の灰皿など、地方のちょいと寂れた観光地にありそうな品々が盛りだくさんです。

面白いのですけどね、もう見飽きたってのも正直なところありますなあ。
タイプ別性格判断
かみさんから暗に「やれ」と言われたのでやってみました。
#サイトはこちら

外向(E) or 内向(I)
現実(S) or 直感(N)
思考(T) or 情緒(F)
規範(J) or 柔軟(P) 
4つの属性の組み合わせで性格診断してくれるそうな。

で。
かみさんに私の性格は「ESTJ」と予想されましたが、結果はISTPでございました。

夫婦そろって一緒だって事ですなあ。笑うなあ。


診断結果によれば、「ISTP型の親は子どもに自分を押し付けない。」だそうだ。
もちろん、そのつもりですよ。
「トルコのものさし日本のものさし」 内藤 正典
以前書きましたが、先日、トルコ人の知人が亡くなったことを知りました。
それに気がついたのは、この本を読んだ際にその知人のことを思い出してネットで調べてみたからなのです。

そういう意味では、忘れられない本になりそうです。


本題です。

いろんな国、いろんな民族が、それぞれの「ものさし」、つまり価値観を持っています。

そして、ついやってしまいがちなのですが、その「ものさし」同士を比べて、やれどちらが優れているとか、やれどちらが正しいとか、そういう議論をするのは全くのナンセンスでありまして、それぞれの「ものさし」を理解し、受け入れあった上で付き合いができなければならんのです。

以上のような論を、著者が接したトルコの人々や文化を通して書かれています。

著者の言い分はに異論は無いのですが、
こちらの「ものさし」を全く受け入れようとしないあの半島の人達とか、その付け根のでかい国とか、そういう国に対しては、なんだかこちらも向こうを受け入れる気にはならんわけで、さてさて、困ったことですな。

・・・話がそれました。

お互いの価値観を尊重しあうという姿勢は国と国同士の付き合いだけでなく、もちろん人と人同士の付き合いにおいても同じです。
自分の周りの人への接し方も、こちらの「ものさし」を無理に押し付けてはいないか。
そういうことも考えながら読むこともできる本でした。


また、トルコのこと、その周辺諸国のことも分かりやすく解説してくれていますので、トルコのことを良く知らない方や中東情勢に今ひとつ詳しくない方にもオススメです。

アマゾンはこちら

ホッピー
おしゃれな店構えで前からちょっと気になっていた、Bistro NENGOROYAに行ってまいりました。

料理は大変おいしかったです。
でも、一番のヒットはコレ。

050820Hoppy.jpg

ホッピーです。ホッピー初体験。
つい先日ビールが呑めるようになった私ですが、ホッピーも美味しかったです。
調布に住んでいた頃、ホッピー工場の近くを歩いたことがありまして、その時はこの飲み物は一体何なのだろう、なんて思ったものです。それから10年近くたった今は「おいしい、おいしい」なんて言って呑んでますよ。

人生、分からないものですなあ(大げさですね)。

黒ホッピーもおいしかったですよ。
なんて調子に乗ってジョッキ2杯呑んでダウンです。相変わらず酒には弱いのよね。

050820Desset.jpg

コースの最後にはこんな可愛らしいデザートも出ましたよ。
こんなにお洒落なもん頂くのは本当に久しぶりだなあ。

とまあ、内装もお洒落で、メニューも可愛いし、店員さんの気配りも細かくて(ちょっと滑舌が悪くて何を言ってるのか聞き取りにくい人もいたけど)、居心地が良いお店でした。

また行こうと思います。ご近所の方は是非。
さらば
音信不通だった知人が、3ヶ月前に亡くなっていたことを知った。

若干25歳。
流暢で怪しい関西弁を駆使したトルコ人の若者は、人一倍陽気で、人一倍働き者だった。
どんなに彼から生きる勇気をもらったか分からない。

とにかく、もう会えないことが一番悲しい。悲しすぎて、言葉にならない。

いずれトルコまで墓参りに行くよ。
楽しい思い出をありがとう。


Karadeniz


「親離れできれば生きることは楽になる―自分がもっと強くなる“一人立ち”のすすめ」 加藤 諦三
人は人それぞれの人生を歩んでいて、幸せな人もいれば、不幸せな人もいる。
ただ、その人が幸福であるのか、不幸であるのかは、他者が決定することではなく、当の本人が決めることであって、他人がどうこう言うものではない。

しかし、自分でそれを決定する際に、自分を騙すことは出来ない。
不幸なのに幸福だと思い込むこと、またはその逆をしても何の解決にもならないばかりか、精神を不安定にさせるだけである。
現実を真正面から見つめ、認識し、そして、判断しなければならない。

そして、そのように物事を考えるときに、気をつけなければいけない重要な事は「親」なのである、と著者は説きます。


この著者は、自分の思考を素直に、そしてありのままに表現することに徹しています。格好付けたり、自分を上に置いた言い方でもないその語りは、非常に読みやすく、共感がもてます。

著者の言葉が心まで届いてくる良い本だと私は思いました。


親との関係に悩んでいる方。
これから親になる方。
自分の子供が健やかな精神を持つよう望む方。

そして、

あなたが感じるように感じてはいけない、私があなたに望むように感じなさい、そういう親の期待におしつぶされて子供は歪んでいく。

親は、愛という名のもとに、自分の感情を一方的に押し付けた。しかも押し付けているとは思わず、その結果、子供の情緒は成熟できず、子供はいつまでたっても親離れできないことになる。

子供は、親の望む感情だけを持ち、親の期待に反する感情を持つことを自分に許さなかった。そして、生きている実感を失ってしまった。

#(前書きから引用)

この言葉に何か感じるところがある方。


そういう人に是非読んでいただきたく思います。
きっと反省することしきりです。私もまだまだです。修行が足りません。


アマゾンへのリンクはこちらです。
やっちゃったねえ
「強い者何やってもいいのか」=「温かい政治」標ぼう-新党の5人、首相批判

造反組が、結局こういうことをして、さらに

<国民新党>小泉首相「いいと思う」

完全に元味方には捨てられて、挙句の果てには、

民主党が「自民分裂対策室」=国民新党との連携否定

敵さんにも呆れられる始末。

この新党の人達がいくら良い公約を打ち出そうとも、「先を読んで行動できない」上に、「策も無い」のは明らかなので、全く票を入れる気にはなりませんなあ。

ご愁傷様です。
「神戸ゆかりの50人」 神戸新聞社
いやはや、びっくりしました。

何にびっくりしたって、こんなローカルな本がAmazonで買えるってことですよ。

神戸と関わりがあった人々、例えば平清盛、伊藤博文、孫文あたりの大物から、「ハンター坂」「ハンター邸」のハンター氏や、「ジェームス山」のジェームス氏、って、地元の人しか知らんわなあ、っていう方々まで、総勢50人をさっくり紹介してます。


ただ私としてはですね、神戸の人にはこの人のことを知っておいてもらいたいのですよ。

こちらのサイトからの引用

大阪で内政部長をしていた島田叡は、沖縄知事への就任を要請され、その任を受けた。第二次世界大戦末期の日本の置かれていた状況を考えれば「県知事として沖縄に行ってくれ」という命令は「沖縄で死んでくれ」と言われているのと同じようなものだった。

家族の反対を彼はこう言って説得したという。

「自分が死にたくないからといって、誰かに『代わりに行って死んでくれ』とは言えない」

 アメリカ軍の上陸が始まり、地獄の戦場と化していく沖縄。降り注ぐ砲弾を避けて暮らす壕の中で、島田知事は少しでも多くの県民の命を救うため、最後まで行政機能を維持しようと奔走した。


いろいろなことを考えさせられるお話です。
タイトーメモリーズ 上巻
タイトーメモリーズ 上巻(特典タイトーメモリーズブック 上巻付き)

昔懐かしのタイトーゲームを全25本収録!
なんだけれど、ダライアス外伝とメタルブラックのためだけに購入。
他はどうでもいいっちゃあ、どうでもよい。

なのに。

なのに、ある条件(確か指定されたゲームで1時間以上遊ぶとか何とか)を満たさないとメタルブラックをプレイできないなんて!

隠しコマンドで全部のゲームを初めからプレイできるみたいなんだけどさ、この仕様は訳がわかりません。
売れ筋以外のいろんなゲームをさせたかったんだろうけどさ。義務でやるゲームほどつまらんものも無いのに。
一体何を考えてこんなことをしたのだろう。タイトーは。

救いだったのは、「フェアリーランドストーリー」が純粋に面白く、「嗚呼栄光の甲子園」がバカバカしくて面白かった。
あと、噂には聞いていた「プリルラ」がプレイできるのもグッド。

そんなわけで、公式サイトで隠しコマンドをきっちりチェックさえしてしまえばオススメ、なのかしら。何か釈然としないところがありますけどね。

公式サイト:http://www.taito.co.jp/d3/cp/taito_memories/


おまけ:製作者による、ダライアス外伝 ボス解説


神戸モスク
050814Mosk.jpg

モスクという建物を見てみたかったので見物に行きました。
中には入れないのかと思って外だけ眺めて帰ってきたのですが、
http://islam3.hp.infoseek.co.jp/benri/kobe.htm
によれば、中も見学できたらしい。

今度行ったら、是非中も見せていただこうと思う。
次の選挙についていろいろ考えてみる
各地で盛り上がっている選挙ネタでひとつ。

って、次の総選挙は難しいよ。
難しいからいろんな人の意見を聞こうってんで、いろんな日記だのblogだの読みあさっているのだけれど、これがまた、ますます難しくなるばっかりでして。

リンクとかトラックバックだとかを辿って、いろいろ読むのは本当に面白いのですよ。面白いのですけどね、情報が多ければ多いほど悩むわけですよ。

で、今のところの私の意見、というか薄ぼんやりとした感想。

「主権放棄」とか抜かしている民主党には絶対に入れたくない。この売国奴め。
#どうも、主権移譲と主権放棄は違うらしいので、修正(2005/08/15)。まだまだ勉強が足りませんなあ。

・というか、民主党の「とりあえず自民党には反対」みたいな姿勢は嫌いだ。
 こんなに策が無い党が政権を握っても、日本新党の二の舞だろうなあ。

・郵政民営化には賛成というか、頼むから公務員を減らしてください。
役所にも、学校にも、警察にも、要らない人がたくさんいるはずです。正直、今の半分以下で良いと思います。

・造反した議員さん達の振る舞いがなんだかおまぬけですね。
造反して「公認してくれ」って格好悪すぎです。挙句、してくれなかったら「独裁だ」のなんだの。超だせー。


とりあえず。
選挙権を放棄することが一番の愚行であると思いますんで、まあ、もうちょっと頑張って考えようと思います。
ああ、悩む悩む。

最後に。
いろんなサイト・blogを紹介したいのですが、とりあえず一つだけ。

やはりマスコミがひた隠しにする郵政解散の理由と争点
「ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編」 都築 響一
ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編

以前、西日本編の感想を書いたので、こちらの感想は省略。
相変わらずすごいボリュームで、なんと176物件ですよ。

県別で言うと静岡県が多い多い(笑)。
特に伊豆には珍奇なスポットが満載ですよ。いずれ行かねばならぬなあ。

で。
東日本生まれの東日本育ちのくせに、176件中、行ったことがあるのは何と3件のみ。

(行ったことがあるスポット)

東海大学社会教育センター
 海洋化学博物館は、いわゆる普通の水族館とはちょっと違うのでオススメ。
 2階の機械水族館は必見です。

人体科学博物館
 東海大学社会教育センター内の一施設だったのですが、なんと閉鎖してしまった様子。ショック。

関が原ウォーランド(個人サイト)
 「ノーモア関ヶ原!」のキャッチがイカす、超脱力スポット。
 当時の農民たちは、弁当持参で関ヶ原合戦を見物してたみたいですので、それにならって手作り弁当持参で、ぬるい人形たちが繰り広げる関ヶ原合戦をどうぞ。

 愛知万博に行くくらいなら、こっちに行けといいたい。
 ごめん、うそです。


ちなみに、西日本編と東日本編の二冊を通して一番印象に残った所は「鼻ぐり塚」かな。
近いうちに必ず行きます。割と近いし。
おさけをのみました
050812KobeWine.jpg

神戸ワイン城で購入しました。分かりやすいですね。

○赤
「カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを用いたライトタイプの赤ワイン」

だそうだが、あんまりおいしくなかった。
何か化学的な味がするんですよ。若干ね。  

○白
「シャルドネを使用した華やかで豊かな香り、繊細な酸味とボディ感が優雅に調和した味わいが特徴」らしい。

赤よりはのみやすかったけれども、美味しいのかといわれれば、どうだろう。

結局ワインはあまり好きでないのだろうなあ、私は。
とかなんとかいいながら、あっさり飲み干したのだけれどもね。

参考:神戸ワイン・ホームページ
謎のホームページ サラリーマンNEO
謎のホームページ サラリーマンNEO

NHKらしからぬ、コメディ番組です。

昨晩たまたま見たのだけれど、面白かったっす。
公式サイトからストリーミングできますんで、そちらを是非。

サラリーマンの「ヘン」な所をデフォルメしたネタと、間の取り方が絶妙です。
とくに、「野生の王国」ばりに、会社というフィールドに生息するサラリーマンという生き物を観察していく「会社の王国」というネタがお気に入り。

8/10~8/12の3夜連続放送だって。今夜も見ないと。
「在日韓国人の終焉」 鄭 大均
在日韓国人の終焉

サッカーの試合などで、韓国人は自国の試合であろうがなかろうが、とにかく日本人と見ればブーイングするじゃないですか。

この間の東アジア選手権でもそうでしたが、ある試合の翌日、

「とにかくブーイングばっかりしてくるあいつらは嫌いや」

そういう反応を示す生徒が何人かいました。

もちろん、日本人の大人としては、そう短絡的な考えをしてはいかんと言いますし、実際そう思うのですが、子供らがそういう感情を抱いてしまうのも、これもまた仕方の無いことだと思うのですよ。

そういう感情を無意識下に埋め込んだ子供が大人になったとき、日韓関係はどうなっているのでしょうかね。ああ、心配心配。


・・・とまあ、あの半島の人々のことは、我々にとって大変むつかしい話でありまして、これはもう、いろいろ考えなくてはならんのです。

そして、微妙な関係の中間地点にいる在日の方々についても同様です。
そんな、在日韓国人の実際と、その心情などを、この本では分かりやすく説明してくれます。


で、結論を要約すれば、以下のとおり。

『在日なんていう中途半端な立場でいるのはもうやめて、日本で暮らす以上、ちゃんと帰化して「朝鮮系日本人」として暮らせばいいじゃないか。ただ、その代わり帰化しやすいよう、帰化のシステムを簡素化すべきだ』

まあ、簡単に言うけどもそう簡単にはいかねえよな、とは思いますが、筋としては、まあ、当たり前というか、ごもっともだと思います。
一冊通してちょっと説明が足らんかな、なんて思ったりもしましたが。


何にせよ、どっちつかずの状態で自分の状態を放置しておくということは、なんとも無責任なものです。

もちろん、立場をはっきりさせ難い状況を作っているのは日本人だ、という意見もあるでしょうし、確かにそういうところもあるかもしれません。
が、じゃあ、全責任がこっちにあるのかってーと、そういうもんでもないでしょうと、私は思うわけです。


まあなんだ、やっぱりとてもむつかしい問題ってことやねえ。どうにもうまくまとまりませんで。
「一台のクルマがあれば人生を変えるのに充分だ」 徳大寺 有恒
一台のクルマがあれば人生を変えるのに充分だ

可愛らしい装丁と、「一台のクルマが~」という文句に惹かれて読んでみました。ユーノスロードスターに人生変えてもらった身なので、その文句の持つ意味が分かりますので。

残念ながら一台のクルマがどう人生を変えるのか、というのはさっぱり書かれていません。

確かに、著者がVWゴルフに人生変えてもらったのは分かったんですけども、どう変えてもらったのか、そのときどう感激し、どういう感覚になったのか。
そういう部分が全く伝わってこないのです。

車なんてもんは効率よくかつ快適に人と物を運搬できればそれでいい。
そう思ってる方々がいます。

そういう方々に、車というただの物体が人生を左右する瞬間があって、その感覚というものはこんなに素晴らしいんだ。
そういうことをもっと訴えて欲しかったです。それだけの影響力をもった人であるわけだし。


とりあえず、クルマ好きのおっさんの薀蓄が満載、といってしまえばそれまでの本かも。
ちょっと残念。
ワイン城・トリックアート
神戸市立農業公園ワイン城 ということろに行ってきました。

050807KW1.jpg
こんな感じのところ。

その名の通り、神戸ワインの醸造施設や、熟成所などの見学ができます。
また、敷地内にはプールやバーベキュー場などもあり、家族連れで賑わっていました。
#正直、もっと寂れているかと思っていたのです。

で。
今、ワイン城内で、「トリックアート・ワールド」なる、ちょっと不思議な絵、なんというか、

「壁からサメが飛び出てきてる!」
「なーんだ、飛び出ているように描いているのか~、びっくり~」

みたいな、絵。つまるところ、こんな絵

050807KW2.jpg
ちなみに、これは壁からクジラが飛び出ているように見える絵。

こんなんが見られるってんで、見に行ったのです。割と冷やかし半分で。


・・・いやー。
入場料400円は高いって。ちょっとね。

なんというか、全然飛び出て見えないんだもの。
いや、飛び出てない絵を見て「飛び出てないやんかー」っていう突込みをしに行ったのだけれども、予想以上にどの絵も飛び出ていなかったので、突込みどころを失ってしまってなんとも落ち着かない感じでしたよ。ええ。周りのお子様たちは楽しそうでしたけどね。


とまあ、トリックアートはちょっとアレでしたが、農業公園自体の入場料・駐車料金は無料ですし(最近そうなったらしい)、無闇に自然あふれる立地環境なので、過ごしやすい季節に、ぼーっと時間を過ごすのにはなかなか良い空間かもしれません。

また、農業公園内(なのかな)には、農協直売のお店があって、野菜が大変お安く買えますし、ちょっと離れたところに、グリコピア神戸という、グリコのお菓子の工場見学できる施設があるようなので、またこの界隈で遊ぶこともありそうです。

近場もまだまだ楽しいところがいっぱい眠っているなあ。
おひさ!
日韓“アジアの壁”が両国の友好を宣言


日韓サッカー親善大使に任命された元サッカー日本代表の井原正巳氏が6日、大邱ワールドカップスタジアムで行われた両国共同会見に韓国の親善大使、洪明甫(ホン・ミョンボ)氏らとともに出席した。


ミョンボ兄さんじゃないですか。
お久しぶりでございます。2002年のワールドカップ以来ですね。

2002年のワールドカップで、韓国の選手の中で一番大人だった兄さんは、やっぱり今も大人みたいです。

ただね、


「両国が自分たちのチーム以外にも温かく接したことで“笑顔のワールドカップ”と評価を受けた。この大切さを2人に伝えてもらいたい」と期待を寄せた。


・・・嘘は伝えちゃいけないよね。嘘は。

日の丸を燃やしたり、対戦国の国歌斉唱時のブーイングしたり、アメリカ戦でスケートのパフォーマンスをしたり、ドイツ戦で逆十字の旗を掲げたりするのが、「温かく接した」ということならば、嘘じゃないけどね。
#なんだか、書いてて懐かしい気分になりましたよ。そんなこともあったよなあ。
##今もあるんだろうけどさ。
星を継ぐ者パズル
500ピース 星を継ぐ者 65-178
ビバリー (2005/06/09)
売り上げランキング: 4,275

ジグソーパズルなんてもうかれこれ20年くらいはしてなかったけれども、ポスター代わりになるかなと思い、かみさんと二人で軽い感じで始めてみました。

050806ZP1.jpg
パズルをはじめて1時間後。わりといい調子。

050806ZP2.jpg
3時間後。
あんまり進んでない・・・

050806ZP3.jpg
6時間でやっと完成。こんなに時間がかかるとは・・・
でも、なかなか面白かった。

ジグソーパズルは大人の遊びなのだなあと、改めて思いました。ちょっと暗いけども。
ルーフレール取り外し
もうね、ワゴンRを買ってからずっと思っていたのですよ。何をって、

050805RR1.jpg

この屋根にくっついているルーフレールを取り外そうと。

実用上、何か意味があるのかもしれないけれども、屋根に重いものを載せる気は無いし、そもそもこいつ自体が結構重そうなのですよ。

大して役にも立ちそうにないのに、屋根の上に重量物があるのはあまり良い気分で無いし、そもそも無駄に重ければ燃費にも悪かろう、と思っていたのです。

そんなわけで、

050805RR2.jpg

こんな感じで、まずはルールレールの端のプラスティックのカバーを外していきます。ただ、結構力がいります。ご多分に漏れずプラスティックの爪をいくつか折ってしまいましたよ・・・

050805RR3.jpg

外すとこんな感じになっているので、ボルト(10mm)を外します。
四隅全部で同じことをすると、あっけなくルーフレールは外れます。

050805RR4.jpg

ただ、屋根からボルトがにょきっと生えたままになるので、

050805RR5.jpg

こんな感じの袋ナットでカバーをしましょう。
って、

050805RR6.jpg

めっちゃ浮いてる!(涙

えーと、普通のナットを閉めた上で、袋ナットをかぶせればなんとかなるでしょう。きっと。


・・・この日はここまで。

外したルーフレールは予想通りそこそこ重かったです。
2つあわせて3kgくらいはあるんじゃないかなあ。

で。
ルーフレールを外した後に軽く走ってみましたが、屋根の上が軽くなって重心が下に行ったことで走りが安定しました!

って言いたところですけど、体感的には

何にも変わりません。

こんなもんは気分です。気分。
#やられる方は、自己責任でお願いしますね<お約束
METAL SAGA ~砂塵の鎖~(その2)
一応、お話は一通り終わりました。
エンディングが無いというか、自分で一区切りをつけなければならんゲームなので、ここで一区切りがついた、ということにしました。

状況としてはこんな感じ。

プレイ時間 32時間弱
ゲットした車両 16台
倒した賞金首 30

結構やったよなあ。

このごろは戦車「マウス」に主砲を3門つけて、

「主砲、斉射三連!」

とか言いながら遊んでました。ええ。

あと何体か賞金首を倒したら、いい加減やめようかと思ってます。
きりがないですから。


そんな感じでいろんな遊び方ができますんで、お時間がある方は是非。
気をつけましょう
『アジアの安全な食べ物』内の「中国の7色に輝く河川と食品」という記事を拝読させていただきました。
#リンク先には気分が悪くなる画像が多く含まれますので、ご注意を。

中国全土がすべてこう、というわけじゃあないのだろうけれども、なんせあの国ですからねえ。思ってるよりもひどいものなのだろうなあ。

どこまで本当か分からないけれども、とりあえず、中国産は避けることにしようかしら。
前日発売
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

DVDが出るのは嬉しいし、きっと買うと思うのですが、発売が第2作「恋人たち」の前日とはね。

なんというか、商売上手よねえ。
2000でいい
「Vista. Not」に感動!

個人的に使う分には、やっぱり2000でいいな、と思いました。
ご当地ナンバー
随分前にご当地ナンバーのことを書いたのだが、先日決まったみたいですね。実はすっかり忘れていたのですがね。

18のご当地ナンバー決定 富士山、奄美は“落選”

がーん。奄美ナンバーがああ。


ここによると、決まった新ナンバーは以下の18個だそうで。

仙台、会津、つくば、那須、柏、成田、川越、伊豆、岡崎、堺、倉敷、豊田、一宮、下関、諏訪、高崎、鈴鹿


おお、倉敷できましたか。おめでとうです>倉敷の方々


鈴鹿ナンバーをつけて運転が下手くそだったりしたら、ちょっとかっこ悪いかもね。鈴鹿市、亀山市の皆様方は運転の練習に励んでください、って大きなお世話かしら。

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。