なんて週末だ
土日も客先でお仕事。くはー。
システムが1日から稼動開始だからしゃあないけれども、しんどいわあ。

挙句、このくそ忙しい時に限ってサーバが壊れるし。CPUだかマザーだかしらんけれども、壊れるかねえ。普通。そんな感じで余計な仕事が増えること増えること。それはおれの仕事じゃねえっつーの、とか思いながらやれることは全部やったよ。多分。

まあね、システム屋さんの仕事もしてりゃあ、こういう週末があるってのは分かってるんですけども、やっぱイヤよねえ。つーか疲れたよ。

しかしですなあ。
今回、普通の会社、といいますか、多数の人間がいて、そんでもって組織としては分かりやすくぐだぐだで、ノーヴィジョンで、責任があるんだか無いんだかよくわからねえような仕事を皆がしている、そういうところを客に持ってしまったわけです。
そりゃまあ、そういう所の相手をするのはしんどいんですけれど、そういうところでも客先にいる一人一人はとてもいい人だったりするのが不思議というか、だから会社として一応は動いているなあというか、なんだかよく分からんなあなんて思いながら客先で仕事してました。

組織の一員としての人格と一個の人間としての人格がああも乖離するもんなんかねえ。するもんなんだろうなあ。

・・・酔っ払って頭がぐだぐだですのでオチはありません。あしからず。
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル (2005/10/28)
売り上げランキング: 12

劇場版を公開初日に観に行った上に、DVDは発売日に買ってしまってなんだかバカ丸出しです。

DVDでもやっぱり面白かったです。
ファンしか楽しめない作品だとは思いますが、まあ、Zはそれでいいんじゃないかなあと。

あと、初回特典のGacktのミュージックビデオ「Metamorphoze~メタモルフォーゼ~」は最高ですぜ。
だらだら
10月30日、火星大接近。

とりあえず見ておかないと。

宇宙といえば。

映画『機動戦士Zガンダム? ‐恋人たち‐』が明日公開なんだけれども、仕事で行けない。くそう。

仕事といえば。

「射程距離に入った」「てーーーー!」──タカラがつくるとPC向けパーツはこうなる

こんな記事が。
今度客先に入れるサーバにくっつけたろか、と。

「いやね、これが最新なんですよ」
とかなんとかいって、マジメな顔して何年も使わせてやろうかと。

いやいや、こんなおもろいものは、自分が自分のために使いたいものです。
「Monster」 浦沢 直樹
Monster (1)
Monster (1)
posted with amazlet on 05.10.25
浦沢 直樹
小学館 (1995/06)
売り上げランキング: 4,888

ぐいぐい話に引き込まれ、ほぼ全巻を一気に読んでしまいました。
面白かったです。

連載を始める段階でどこまで話を考えてあったのか、一度作者に聞いてみたいなあ。

土間の四十八滝・焼酎
今週は仕事を片付けることに全神経と肉体を注いでいたのだけれども、そういうなれないことをするからあっさり風邪をひきました。我ながら使えないやつだなあ、と思います。てへへ。

では、読んだ本をざくざくと。

土間の四十八滝
土間の四十八滝
posted with amazlet on 05.10.21
町田 康
角川春樹事務所 (2004/05)
売り上げランキング: 10,819

町田康の詩集。言葉の大パンチ。当たるとでかい。

知識ゼロからの焼酎入門
日本酒類研究会
幻冬舎 (2004/02)
売り上げランキング: 86,999

「ふーん」「へー」と言う為に読む本。広く浅く。
げっぷが出るほど焼酎尽くしの一冊。実は麦焼酎以外は苦手なので、読んでいて気分が悪くなりました。
「ファミリーミュージック」 YMCK
ファミリーミュージック
YMCK
インディペンデントレーベル
(2004/11/03)
売り上げランキング: 1,030

ろりーでぽっぷなぴこぴこ。かわいらしい。
初代ファミコンの音は、なんだかちょっと懐かしくて、温かい感じがします。電子音なのに。

公式サイト内の特設サイトでは試聴もできます。
気になった方は是非。
酒つま7・父親の力 母親の力・神社
最近読んだ本をざくざくっと。まともに感想を書く気力がねえです。

酒とつまみ (第7号)
酒とつまみ (第7号)
posted with amazlet on 05.10.17

酒とつまみ編集部 (2005/10)

酒とつまみの第7号
アマゾンにあるとは。やるな。

父親の力 母親の力―「イエ」を出て「家」に帰る
河合 隼雄
講談社 (2004/11/21)
売り上げランキング: 17,177

まともな人がまともなことを書いている本。
全面的に同意できなかったりもするのですが、河合氏の姿勢が好きなのです。

知識ゼロからの神社と祭り入門
瓜生 中
幻冬舎 (2003/01)
売り上げランキング: 55,250

「ふーん」「へー」と言う為に読む本。広く浅く。
したくねえ
そんなわけで、最近さっぱり日記を書けていないのですけれども、それというもの副業のほうがえらいことになっているからでありまして、もう、やばいっすよ。ついにかみさんの手も借りましたよ。ありがとう、かみさん。あんた、いいヤツだ!その上有能だ。ブラボー。

そういうわけでして、ここ最近は仕事ばっかりしてます。
そして、これからしばらくも仕事ばっかりしてそうです。

ああ、仕事したくねえ。

したくねえけど、酒を呑んで、軽くリセットする技を覚えたので以前ほど煮詰まった状態になりにくいのは、これはよいことであるよなあ。ビールがうめえ。

とりとめとか、そういうことは考えてないので、これで終わり。
税金
ビールは減税、「第3のビール」は増税へ…酒税見直し

もうね、いっそのことビールは無税にしてください。
または、ウィスキーを。いやさ、ウィスキーも焼酎も。

と、酔った頭の私は思うわけですが、無理ですなあ。
EDF2 つづき
ただのプレイメモでございます。

耐久度 1325/256
武器種類 69/38
ミッション 28.2%/6.8%
プレイ時間22時間30分

・一週間前から陸戦兵でしかプレイしてません。
・やっとEASYを全面クリアしました。
・現在NORMAL挑戦中。

2000円でここまで遊べるとは。いいゲームだなあ。
王子動物園
不動産関係の契約で神戸にきていた両親が帰った後、午後から王子動物園へ。

051009Llama.jpg

危ないぞ リャマがいる! オーレ! (モンティパイソン)

ということで、今日の一番のヒットはリャマでした。
まぬけ面がステキです。
「界面活性剤の話 科学のとびら」 北原 文雄
界面活性剤の話
界面活性剤の話
posted with amazlet on 05.10.07
北原 文雄
東京化学同人 (1997/06)
売り上げランキング: 168,262


タイトルの通り、とにかく界面活性剤の話ばかりしている本でした。

界面活性剤の理論・性質・使用法などを主体に、環境・生物への安全性の問題まで、ゲップが出るくらい界面活性剤づくしで、もはや愛すら感じられます。さすが著者は界面活性剤の専門家だけあります。界面活性剤=洗剤ではないのですよ。もう、いろいろ。ほんと、いろいろ使われてるんですね。

「界面活性剤」という名称は知っているけれども、何がどう「界面」を「活性」させるのか、そういうことを実はさっぱり分かっていない人は多いと思うのですが、そういう方にはおすすめできます。

ただ、洗剤が人体に及ぼす影響であるとか、環境への影響についての考察はさっぱり目で済ませていますので、その手の話を読みたい方には全く不向きであります。ご注意を。


洗剤というものが何からできていて、どうやって汚れを落とすのか、最近になってようやっとなんとなく分かってきました。随分イメージと違ったし、イメージ通りでもありました。

そんなわけでそろそろ本題、つまり人体への影響についてマジメに勉強を開始しようかと思います。

「新しい生物学の教科書」 池田 清彦
新しい生物学の教科書
池田 清彦
新潮社 (2004/07)
売り上げランキング: 24,714

「高校の生物教科書に失望した著者は、もっと面白い生物の教科書を作ろうと思い立」って書かれた本でありまして、確かに扱っている話題は面白かったです。

ただ、とにかく絶望的に分かり難い。残念ですけれども。

例えば、本を通して極端に図が少ない。
図で示せば一発で分かるような、そんなものまで、無理に言葉で説明しようと試み、結果、普通の理系大学教授の文章力では分かり難いだけで終わっています。

手元にチャート式なりなんなり、分かりやすい参考書を置いた上で、本書を読めば理解は深まることでしょうし、生物学への興味もより湧いてくるかもしれません。

また、高校・中学・小学校の理科教育への批判は、当を得ていると思いますが、あんまり人のことは言えないんじゃねえのかなあ、というのが正直なところです。

難しいことを簡単に言えなければダメなんすよ。こどもには。
#もちろん、自分に対する戒めでもありますけども。
SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2
SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2
D3PUBLISHER (2005/07/28)
売り上げランキング: 64


先週、静岡のアジトにお邪魔した際にちょいと遊ばせていただいて、割とかなり気に入ったので、先週末神戸に帰ってきてすぐに購入しました。

「巨大生物 VS オレ」というキャッチの通り、パッと見はバカゲーなのですが、実は奥が深いアクションシューティングです。

画面中に溢れ返る敵、レーダーは全方位真っ赤ッ赤
そういう絶望感あふれる状況から生還できたら、このゲーム最大のカタルシスを味わえることでしょう。

正直、こういう2000円シリーズは大した事が無かろうと思っていたのですが、無駄がない分かえってサクサク遊べます。場面と敵の種類はもう少し増やしてくれても良かった気がしますけど、不満はそのくらいです。撃って撃って撃ちまくれ、でございます。

ただ、あんまり胎教にはよろしくなさそうなので、音量は控えめに。


一応、現況をメモ。

耐久度 774/256
武器種類 47/38
ミッション 13.8%/6.8%
プレイ時間12時間

やっとテクニカル操作に慣れてきました。

(おまけ)勝手にリンク
公式サイト
THE 地球防衛軍2特設ページ

だらだらと
・大阪へ行った

仕事で大阪へ。客先でお仕事。
久しぶりの大阪はなんだか都会で驚いた。

久しぶりの電車はなんだか新鮮で面白かった。乗客観てると飽きないよ。
世の中にはいろんな人がいるなあ。おもしろいなあ。

・両親

住む場所も確保したみたいなので年内には引っ越してくるなあ、これは。
あとちょっとでご近所さんなのか。


そんな感じで、まだまだばたばたしそうです。なんてこったい。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.