toto343
第343回 minitoto A
01 鹿 島 - 大 分 [10-] 1○
02 G大阪 - 京 都 [1--] 1○
03 岐 阜 - 福 岡 [-02] 2○
04 広 島 - 徳 島 [1--] 1○
05 鳥 栖 - 愛 媛 [1--] 1○

当せん金 685円

2回連続的中は嬉しいです。
当せん金は、えらく安いですが赤字にならなかっただけマシです。
第310回は199円だったからねえ。

さて、今週末からJ1再開。楽しみですなあ。
宮脇本×2
殺意の風景 (光文社文庫)
宮脇 俊三
光文社
売り上げランキング: 300142


人が死なないミステリー短編集。
人は死にませんが、じんわり怖いです。

読みやすいので一気に読めてしまいます。


御殿場線ものがたり (たくさんのふしぎ傑作集)
宮脇 俊三 黒岩 保美
福音館書店
売り上げランキング: 1239191


御殿場線の歴史を教えてくれる絵本。小学校低学年の子が読むと面白いと思う。

私は図書館で借りたのですが、Amazonで見ると古本の値段がえらいことになっています。

休日
080622_01.jpg


080622_02.jpg


うちのご近所さんの名物パン。

080622_03.jpg

今日の晩飯。

080622_04.jpg


080622_05.jpg


080622_06.jpg

散歩中。
妙に日が長いと思ったら、昨日が夏至でした。
toto342
第342回 minitoto A
01 草 津 - 岐 阜 [10-] 0○
02 福 岡 - C大阪 [--2] 2○
03 熊 本 - 鳥 栖 [--2] 2○
04 徳 島 - 仙 台 [--2] 2○
05 愛 媛 - 横浜C [10-] 0○

当せん金 3,219円。微妙。

当せんは327回以来ですから、15回ぶり。もちろん、赤字です。

赤字云々よりも、この15回の間にminitotoは「一つ外し」を7~8回やらかしたので、
そっちの方が辛かったです。

辛いならやめればよいのですが、それでもやめないのはもう病気ですな。

OP&ED
ひと月くらい前に、愛読している「島国大和のド畜生」さんで、このアニメのOPがカッコイイという記事がありました。

それからというもの、夜な夜なYou Tubeだのニコ動だのを見て、これは良いとか悪いとかぶつぶつ言っていたのですが、もうひと月近くそんなことをやってしまっていい加減キリが無いので、こうやって日記に書いて一区切りをつけることにします。

ちなみに、カッコイイかどうかを考えずに、単に趣味に走っています。
挙句、EDまで入れてます。困ったおっさんですね。


ブライガーOP

ぎんがせんぷー。泣けるギター。
「J9 J9 なさけむよう」の4人の決めポーズはイカしてますね。

バクシンガーOP

どっちもどっちも!
たまらないぜハニハニ。すごいOPだなあ。

バクシンガーED

文句無しの名曲です。格好良すぎです。

City Hunter ED (Get Wild)

City Hunterのこんな感じで話の終わりとEDが重なる演出はかなり好きでした。
もちろん、言うまでも無く名曲です。

City Hunter2 OP (Angel Night)

数あるCity HunterのOPの中で、一番好きなのが実はこれでした。PSY・Sですね。

トップをねらえ! OP

未だに大好き。困ったおっさんですな。

エリア88 OP

このアニメの一番大事なところは、もちろんポエムだと思います。

キテレツ大百科OP スイミン不足

名曲ですね。

うる星やつらED 星空サイクリング

ラララララナウェイホーム。かわいいよね。

○おまけ
「逆転イッパツマン」のベース

この人、ベースが超うまい。すげえうらやましいです。


いまさら
DEATH NOTE デスノート(1)
DEATH NOTE デスノート(1)
posted with amazlet at 08.06.16
大場 つぐみ 小畑 健
集英社


今更DEATH NOTEを読んでみました。
睡眠不足になってまで読みたくなったのは7巻までで、後は。

ただ、話のテンポの良さは、さすがにジャンプのマンガだなあ、と。
ああいうイカれたサイコ野郎が主人公、というのはジャンプ的にはびっくりかもしれませんが、アフタヌーンあたりに載っていたら、どうだったでしょうね。


ところで、作画担当の人は、なんと、



の人でした。時代は変わったなあ。


そんなわけで、それなりに面白かったけども、あまり好みではなかったです。
オナニーマスター黒沢の方がもう全然。泣けるし。


2008/06/14という日
080614_01.jpg

IKEAで食事。

080614_02.jpg

近所を散歩。
海の家がたくさん建てられていました。そんな時期になりましたなあ。

080614_03.jpg

080614_04.jpg

080614_05.jpg

080614_06.jpg

貸しパラソルはちょっと気が早いような。

080614_07.jpg

撮り鉄さんの真似事をしてみたり。
しかし、走行中の電車の写真を撮るのがこんなにも難しいとは。

撮り鉄さんたちをちょっと尊敬。
甘酸っぱい
気が着けばこんな時間。それというのも、

オナニーマスター黒沢

こいつのせいだ。ちくしょう。面白えなあ。
タイトルがコレなのに、なんて甘酸っぱいマンガなんだろうか。たまにはこういうのも良いですなあ。

しかし。
2ちゃんの某スレで紹介されていたのが運の尽き。体調が悪いというのに一気に読んでしまいました。
何でサッカー板にこんなマンガのリンクを貼るのか。貼ってくれた人、どうも、ありがとう。
本いろいろ
いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術
齋藤 清貴
草思社
売り上げランキング: 26435


随分前に読んだのだけれども、ここに書かなかったし、日記のネタもないので紹介。
割と良い本。写真を撮る気にさせてくれました。

汽車旅12ヵ月 (新潮文庫)
宮脇 俊三
新潮社
売り上げランキング: 49551


「私は気分転換したいなどという女々しい気持で鉄道に乗るわけではない」

と言い切る宮脇さんは素敵です。

「島」へ。―日本を縁取る別天地 (講談社カルチャーブックス)
加藤 庸二
講談社
売り上げランキング: 1117282


南も北も、瀬戸内も、やはり島は良いですなあ。
もちろん、南の島が一番好きですが。奄美行きてえ。

カレー&ホタル
今週もホタルを見に多可町まで。
2週連続はかなり無理がありますが、見られる時期が短いから頑張ってみました。



080607_01.jpg

その前に、そらとぶじゅうたんというカレー屋さんで腹ごしらえを。

080607_02.jpg

レンズ豆のカレー。
香菜が効いていて、おいしかったです。実はかみさんが頼んだやつをおすそ分けしてもらったんですがね。
自分が頼んだ「普通のカレー」もなかなかおいしかったです。
#写真はうまく撮れず。

何が入っているのかはさっぱり分かりませんでしたが、いろいろ入っている結果として、おいしかった。
この感じは先週の播州ラーメンに通ずるものがありました。

080607_03.jpg

デザートのウスベニアオイのシャーベット。
レモンをかけると・・・

080607_04.jpg

ピンクになる、というお茶目なデザート。



080607_05.jpg

で、山間の気持ちの良い道を飛ばして、多可町は八千代町のホタルの宿路に行ったのですが、これがもう、散々で。

昼の間はホタルまつり、夜はホタル鑑賞会、ということで混むとは思っていたのですが、予想以上に混んでいました。それは仕方が無いのですが

・混んでいるので、臨時駐車場に止めさせられたのですが、それが臨時のものであるかどうなのか全く知らされず途方に暮れる。
・とりあえず歩くも、なかなか着かない上に、歩道も街灯も無い路を延々歩かされる。事前にどれくらい離れているか教えてくれても良いと思うのですが。
・結果、1.2km歩いて到着するも、ホタルの観察ポイントの周辺を一切交通規制していないので、ホタルが飛んでいる場所にばんばん車のヘッドライトが照らされていて、折角のホタルが綺麗に見えない。とほほ。
・フラッシュを焚きまくる人、懐中電灯でホタルを照らそうとする人、捕まえる人がいました。そういうことはしちゃいかんよ、ってな看板の一つも立てれば良いのになあ、と。

折角頑張ってホタルを育てているのに、肝心の時にこれじゃあ、随分ともったいないと思いました。
ただ、何年かぶりにカジカガエルの鳴き声を聞けたので、それだけは嬉しかった。今年中に聞こうと思っていたので、その野望は達成です。

で。
あんまり悔しいので、先週行った場所にもちょこっと寄りましたが、やはりこちらもホタル祭りだったせいか、えらい人と車でした。それでも、観察ポイントの付近は真っ暗ですし、八千代よりは見やすかったと思います。

肝心のホタルは先週と同じくらいの数でした。一週間経ったのでもう少し数が増えるかと思ったのですが。




結論。

『ホタル鑑賞は、各地の「ホタル祭り」的なイベントが行われる一週間前に行くべし。』
#日曜日でも構わなければ、その翌日も穴かもしれない。

今年はこれが分かっただけでも、手間とお金を使った甲斐がありました。
来年からは、心置きなく鑑賞を楽しめることでしょう。
ホタルその2
三木市某所でもホタルを見られると、ネットにそれとなく書いてあったので行ってみました。

自宅から下道を40分。
確かに、そこにホタルはいました。視界に入ってくるのが10~20匹くらいでしたが、確かにホタルでした。

昨日の西脇の方が数は圧倒的でしたが、そこまで行くのに高速&下道で最速で1時間と30分。
それに比べれば随分近いところで、一応ホタルの飛翔が見られるわけですから、これは幸せなことだなあ、と。


さて、今年中にあと一回くらいはホタルを見たいものですが、願いは叶うか。
6月は忙しいんだよねえ。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.