発表会など
娘の通っている音楽教室の発表会でした。

20110327_01.jpg
結構大きいホールに、結構な人が集まっていました。
えらい緊張していましたが、頑張って練習どおりできたんじゃないかなと思います。えらいえらい。



娘の出番以外は外をふらふらしていました。

20110327_02.jpg
鉄人にロケットパンチが搭載されていたら、前のビルはきっとやばい。



発表会が終わってから、家族で打ち上げに行きました。

20110327_03.jpg

緊張したのか、娘は料理が出てくる前に寝てしまいました。がんばった、がんばった。
神戸総合運動公園
今年の菜の花一発目。次はもちろん淡路の花さじきへ行こうと思います。
昨年も一発目はココだったのか。

という記事を、去年も書きました
毎年よくもまあ飽きずにやるな、と自分でも思います。

20110326_01.jpg

20110326_02.jpg
撮り鉄!
って、このアングルで花&鉄道もいい加減撮りすぎです。

20110326_03.jpg


去年もここに来たときにカメラ屋から電話があったのですが、今日も同じカメラ屋から「修理に出していたレンズがあがりました」という電話がありました。なんという偶然。

グレート


かっちょええ。
遷都
「震災で首都圏はえらいことになっているし、この際いっそのこと遷都したらええやんか」

みたいなことを考えていたのですが、ネット上には同意見多数で、そりゃまあそうやわなあ、と。
#「実はまだ都は京都です。遷都なんてされていません」という意見もあるのですが、それはおいといて。

みなさん好き勝手言ってますので、私も好き勝手言わせてもらうと、私は

「首都機能を名古屋に持ってきて、天皇陛下は京都御所にお戻りいただく」

という形が良いんじゃないかなあ、と思うわけです。

交通や立地、各種インフラの整備の充実度、都市空間の余裕。
いろいろな面で名古屋はかなり良いと思うのですけどねえ。

ただ、東海地震がちょっと怖い。浜岡原発もあるし。うーん。



とまあ、なんにせよ東京への一極集中を緩和する、最大の機会ではあるのです。
その機会をどうするのか。そういうことを考えても良いのじゃないのかな、と思うのです。

復興する、元の状態に戻すって言っても、震災前の日本は

「ぐだぐだの政治」「どうしようもない景気」「まったく見えない未来」

という閉塞感ばりばりな状態だったわけです。

そんな状態に戻っても仕方が無いし、あの状態を到達目標地点になんてしたくありません。
夢や将来性のある復興のビジョンを持ってこそ、「がんばろう日本」てことになると思うので、こういうことをマジメに考えるのは、被災していない人たちがすべきことかなあ、なんて思うのですよ。

ちと、時期尚早なのかもしれませんが。
ヴィッセル対ガイナーレ鳥取(練習試合)
震災でJリーグは中断されています。
が、我らがヴィッセルがいち早くこういう企画をやる、と発表してくれました。

<上記リンク先より引用>
ヴィッセル神戸は、当初、3月19日(土)ホームズスタジアム神戸にて、J1リーグ戦第3節vs.名古屋を開催する予定でしたが、この中止決定を受け、同日そのままホームズスタジアム神戸を利用し、ガイナーレ鳥取(J2)と練習試合を行うことになりましたのでお知らせいたします。

なお、当日はメインスタンドを一般開放させていただきます。入場は無料ですが、入場口にてファン・サポーター有志と協力し、義援金のご協力呼び掛けを行う予定です。
<ここまで>

さすが神戸。さすが震災を経験している街。
とても良いことだと思ったので、観戦&募金をしてきました。

20110319.jpg

以下、感想を箇条書きで。

・ガイナーレのユニが意外と格好よい。何といっても袖に「因幡の白うさぎ」と入っているのがベリーぐっど。美味しいんですよ、白うさぎ。
・セレッソやモンテディオのサポの方も観戦に来てくれていました。ありがとうございます。
・鳥取のサッカーを初めて見ましたが、組織がしっかりしている良いサッカーだと思いました。守備がとても良かったです。元代表の服部もうまかった。高校の同期だね。
・ヴィッセルは慶治朗を筆頭に若手が伸びていて、将来がとても楽しみなチームになったなあと。

この試合で、義援金が400万円以上集まったそうです。
本当にとてもよかったと思う。
坂越のカキ
坂越までカキを食べに行きました。

20110306.jpg

美味しかったですが、坂越まで行く元気があるなら、日生に行った方が幸せになれそうな感じでした。
疲れたよ日記
午前中から生徒を引き連れて合宿の下見に。主に山歩き。
なかなか良い場所だったので予約。去年の場所にも立ち寄ったりなかなかの移動距離。

引き連れて帰るとすぐに同僚が山でクラッシュしたとの電話。
怪我は無いとのことだが、帰れないというので、今来た道を引き返してまた山までドライブ。道中、愛車の走行距離が2万kmを超えた。

夜の六甲山中で同僚を発見。愛車は足袋みたいな形になっていて悲しい気持ちに。
二人でJAFを待ち、愛車がレッカーに乗せられるのを見届ける。その時、車から出た音は車の悲鳴に聞こえてこれまた胸が締め付けられる思い。

なんやかんやといろいろあって、同僚はJAFの車で帰ることに。つまり、私はただ行っただけの人に。

再度家に帰って、家族みんなでたこ焼き。食事中、娘を叱って泣かす。


なんだかいろいろありすぎてまとまらないので書いてみました。
やっぱりまとまりません。困った。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.