「ちびくろ・さんぼ」 ヘレン・バンナーマン
フランク・ドビアス (イラスト), 光吉 夏弥 (翻訳)

ちびくろ・さんぼ

ものすごく久しぶりに読みました。懐かしかった~。

「な、なるほどね」というトラがかわいらしいです。
そして、パンケーキがこんなにおいしそうな話は他には知りません。

やっぱり名作だと思います。祝、復刊。

こんなに可愛らしいキャラクター達が出てくる絵本なのに、「表現」にばかり目が行ってしまい、挙句廃刊になってしまった。
そういうつまらないことが、これから先に起こらないことを期待します。
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます
過去の過ちを正してそれを次の世代に語り次いでいくことができる人間でありたいと思っています。
2005/06/10
(金) 15:37:41 | URL | ゆうた #mWPRjuZk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
長い間廃刊になっていた絵本「ちびくろさんぼ」が復刊して人気を呼んでいるそうです。中年層の方なら誰でも知っているとても懐かしい作品ですが人種差別問題で廃刊となり、残念に思っていた人も多いと思います。 まさに待望の復刊ということで人気を集めているわけですが、
2005/06/10(金) 10:52:37 | りらっくすたいるBlog
ヘレン・バンナーマンヘレン・バンナーマン(Helen Bannerman, 1862年2月25日-1946年10月13日)は、「ちびくろサンボ」をはじめとする数多くの子ども向けの物語で知られるスコットランド人児童文学作家・絵本作家。最初に広く知られるようになった岩波書店刊の『ちびくろ・
2007/02/12(月) 00:58:26 | 童話大辞典
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.