智頭散策
大原から智頭急行の普通電車で移動しました。
このとき、フォトコンの入賞作品のなかで、私が一番好きな写真を撮ってはった人とたまたま一緒になり、
車中は撮り鉄談義で盛り上がりました。

どうも帰りの列車も同じなようだったので、また会いましょうと軽い約束をして、その方は途中で降りていきはりました。

降りたのはここ。
恋山形駅です。

20141130_09.jpg
5分ほど停車してくれたので、こうやって写真が撮れました。

説明不要のどピンクの駅。話には聞いていましたが、これはすごい。

景色と不釣合いとかそういうつまらない意見も出ているようですが、これくらい不釣合いなら文句言ってもしゃあないでしょう。
雪&ピンク&スーパーはくと、なんていう写真は絵になりそうですが、この駅に冬に来る根性もタイヤも私にはありません(笑

その後、智頭駅でおり、智頭の町並みを撮りながらまずは諏訪神社に向かいました。

20141130_10.jpg
紅葉を撮りに来たのですが、葉が落ちているところでした。
吹雪のようで大変美しかったのですが、その様を写真に収めることはできませんで。無念。

20141130_11.jpg
次は、石谷家住宅へ。
重要文化財に指定されている建物です。

20141130_12.jpg
すごい梁。

20141130_13.jpg
畳廊下。廊下に畳が敷き詰めてあります。初めて見ました。

20141130_14.jpg
住宅内の喫茶店で遅めの昼食を。美味しかった。

智頭の町は側溝を流れる水のせせらぎが聞こえるほど、静かな町でした。
こういうところを歩くのは楽しいです。
ただ、インパクトは板井原の方が上ですかね。あそこはもう、異世界ですから。



その後、先ほど知り合った方と智頭駅でまた一緒になり、智頭駅で再び撮り鉄談義で盛り上がりました。
その方は各種のフォトコンを荒らしまわっているかなりの猛者でして、受賞作品の一覧を手書きで(わざわざメモを作ってくれていました!)いただきました。

帰宅してから教えていただいた写真をネットで見たのですが、いやもう、上手いのなんの。

こんなところでこういう出会いがあるとは。人生は面白いです。

世の中、いろんな人がいて、各々すごいことやってるな、と。
私も佳作ぐらいで満足してたらあきません。賞金をもらえるまでは頑張ります(笑

で、今回も賞金は逃したのですが、

20141130_15.jpg
賞状と数々のスーパーはくとをいただきました。

20141130_16.jpg
スーパーはくとの目覚まし時計。実は欲しかったのでかなり嬉しかったりします(笑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.