FC2ブログ
見る・忘れる・稼ぐ
子供らに理科を教えることもある私なのだが、実は草や花の名前がいつまでたってもちっとも覚えられないという奇病を煩っている事に気が付いてから、早、数年が経過しようとしているのだが、未だにちっとも覚えられずにいるのですよ。

椿だの百日紅だの山茶花だの、そういった道端で咲いている花など、咲いてるのを見た端からかみさんに聞いては、「ふむふむ、これがそうであるのか」などと神妙に答え、その実、10分後には忘れているのが本当のところで、毎度毎度のどうでもいい質問に懇切丁寧に答えていただいているというのに誠に申し訳なく思ってます。ごめんなさい。

これはですね、おそらくは、私には植物を観察するための「目」がないのですよ。
彼奴らの何をどう見ればいいのかがさっぱり分かっておらず、見るべき大事なポイントを見逃していて、そうであると同時に、そういう目をもたなければならん、という切迫感もとりたててないので、いつまで経っても区別がつかず、そして覚えられん。
そういうことではないかなと思う。

やれやれ、こいつぁ仕方ねえな、なんて長年すっかり諦めていたのですが、つい最近、この私と似たような奇病を煩っている人たちがいることに気が付いた。って、うちの生徒ら。子供たち。

もうね、人前で喋るのが苦手な私が自分を殺して、毎日毎日阿呆みたいに喋くり倒して、何度も何度も同じことを、手を変え品を変え、様々な表現で伝えようとしても、1時間も経てば粗方忘れておられるのです。マジカヨー。

これは困る。人として困る。
これじゃあ、とっても困るのだけれども、ある物を見る見方、観察眼を身に付けようとする動機は他人から与えられるものではなく、当の本人がそういう気持ちを持たなければ、これ、全くお話にならない。

それでもって、そういう気持ちを膨らませ、沸騰させたりなんだの、すったもんだして、辛いことを乗り越えて、涙を拭いて、重いコンダラあたりをごらごらと曳いて、それで初めて何かを習得できるのであって、私としてはまずはそういう気持ちをもってもらう事ができれば、これ、仕事は成功。稼ぎも順調。新車購入の近道なのかも知れぬと思い、今日も一日頑張ろうと思った。でもねむい。
コメント
この記事へのコメント
花の名前
生徒ひとりにひとつずつ、
花の名前のあだ名つけたら覚えられるかもよ。
2005/06/17
(金) 18:15:31 | URL | いっしき #-[ 編集]
名前を
覚えたいのではなくてさ、実際に見たときに、この花は何々っていうのができたら嬉しいので、その案は却下です。すまんのう。
2005/06/18
(土) 00:50:00 | URL | ぼろー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.