小豆島その2
小豆島2日目でございます。観光できるのは事実上この日のみでして。

とりあえず、小豆島観光のハイライトらしい(島側の自己申告)、寒霞渓(かんかけい)に。

ロープウェイから観る紅葉がなんでも最高らしく、とにかく阿呆ほど混んでました。
その日に小豆島に来ていた観光客の半分くらいいたんじゃねえのか、という勢いでして、そういう所で並んで待てない我々は、車でさっさと頂上へ。

051120_SD4.jpg

#頂上からの眺め。

051120_SD5.jpg

#頂上付近。

こんな感じで十分紅葉は楽しめましたよ。
人が多くてうんざりしましたけど、きっと一年で一番混んでいる季節に来てしまったのだなあ。

車を走らせていると、眺めがいい場所があったので車を止めると、そこは島四国八十八ヶ所霊場のひとつ、仏ヶ滝の駐車場でして、折角なので拝観させていただくことに。


051120_SD6.jpg

このお寺、本尊は洞窟なんです。面白いなあ。
なんというか、不思議な感じでしたよ。

その後、醤油のマルキン記念館に行ったり、「二十四の瞳」の舞台となった岬の分教所や、二十四の瞳の映画村なんぞに行ってみたりして、普通に観光した後、なぜかライトアップまでされていた小豆島大観音を拝んだ後(淡路といいここといい、島に人は観音様が好きなのでしょうかね)、フェリーで日生港まで帰りましたとさ。


こうまとめて書くと、小豆島というのはいろいろあるのだなあ、なんて思われるかもしれませんが、実際のところは、まあ何も無いのどかなところでした。

何も無いので、観光地ではとりあえずホテルに泊まって、ホテルで夕食を取って、ホテルの温泉に入る、なんていうベタな観光をしない方々にちょっとしたアドバイスを。

・土庄(一番栄えているところ)には、大きなスーパーがあって、いろいろ買えます。逆にいえば、それ以外のところではあまり物は買えません。
#もう一件スーパーはありましたが、そちらには行ってないのでなんとも言えません。

・そのスーパーにはオリーブ温泉という温泉がくっついてまして、なかなかのものです。オススメです。

・コンビニは国道沿いにぽつぽつとあります。

・外食できるところはかなり限られます。
それでもファミレスが一件ありますので、最悪の場合はそこで食べればいいやと思えれば、焦ることなくお店が探せると思います。


何がどう良かったとかはうまく言葉にできませんが、なんだか良かったです。小豆島。
またいつか訪れたいところができましたよ。

やっぱりデジカメで撮った写真は縮小しても綺麗だなあ。
と、写真を見て思いました。やっぱ電話のじゃあダメか。そりゃそうか。
コメント
この記事へのコメント
贅沢~
何も無い贅沢・・・素敵じゃ~ありませんか。
美味しい空気とユッタリとした時間、毎日だと飽きちゃうかも知れないけど何時か存分に浸りたいですね~
2005/11/22
(火) 23:10:36 | URL | koma #-[ 編集]
正直なところ
一週間もいれば飽きちゃうような気もするのですよ。のんびりしたところってのは。

でも、飽きるまで浸りたいものですなあ。
2005/11/23
(水) 12:23:47 | URL | ぼろー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.