FC2ブログ
「国家の品格」 藤原 正彦
国家の品格
国家の品格
posted with amazlet on 06.05.17
藤原 正彦
新潮社 (2005/11)

<出版社/著者からの内容紹介からの引用>
日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論。
<引用おわり>

全く当たり前のことを大変大げさに書かれています。だから売れたのでしょうけれども。

しかし、国家の「品格」を問うているのに、その文章に品が無いので、今ひとつ説得力がありません。

例えば。

<引用>
最近の若い人たちは、内容は何もないのに英語はペラペラしゃべるから、日本人の中味が空っぽであることがすっかりバレてしまいました。内容がないのに英語だけは上手いという人間は、日本のイメージを傷つけ、深い内容を持ちながら英語は話せないという大勢の日本人を、無邪気ながら冒涜しているのです。
<引用終わり>

書いてあることは、まあ、全くそのとおりだと思います。
しかし、こういう書き方は英語にコンプレックスがある連中を喜ばせ、英語信者な皆様の不快を誘うだけなのではないかと思うわけです。


さらに付け加えれば、その「内容」こそが「国家の品格」を高めるという論なのに、その「内容」を充実させる方法、そしてその内容についての言及が浅い。


頼むから教育を馬鹿にしてくれるな。
コメント
この記事へのコメント
わはは
2006/05/18
(木) 01:28:14 | URL | いっしき #-[ 編集]
最近の「新書判」はちょっとアレなので敬遠していたのですが、昨日書店で見かけたのでさらっと立ち読みしてみました。

まー良く売れている本ですから、内容はもう仕方がない・・って言っちゃだめか。
2006/05/19
(金) 13:27:15 | URL | いっしき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.