BIZEN中南米美術館
次は、BIZEN中南米美術館へ。
古代中南米、例えば、アステカ帝国、インカ帝国なんかの美術館です。

ここの美術館は、
090922_B01.jpg
ということですので、ここで紹介させて頂きます。
全ての展示品は、このうさぎさんがこのノリで説明をしてくれるので、楽しみながらタメになる話を読むことができる、大変良い美術館でした。

ただ、三歳児を連れていると、全ての展示品の説明をきちんと読めないんですな。
そんな言い訳をしてから、写真を。

090922_B02.jpg
壺。

090922_B03.jpg
壺。

090922_B04.jpg
何かの神様。

090922_B05.jpg
・・・なんだったけかな、これ。可愛いよね。

090922_B06.jpg
器。ああ、なんだっけ、コレ。忘れるにもほどがある。

090922_B07.jpg
これは覚えてる。
この平らの部分には生贄の心臓を置いたそうです。サンショウウオみたいな可愛い手なのに、怖いね。


とまあ、詳しい説明はちっとも覚えていないのですが、ご覧のとおり、大変可愛らしく、面白い品々が揃っておりました。

こういう何千年も前のものを「良い」と強く感じるのは、それが大文明であったことの証なのでしょうか。
あるいは、中南米の人たちと、我ら日本人が祖先が同じであるからなのか。
それとも、人間の美的センスの根本的な部分というか、文化に依存しない部分というものは、何千年も全く変わっていないということなのか。

まあ、そーゆー難しいことはちっとも分かりませんが、可愛いものは可愛いよね。

楽しかったので、また行こうと思う。


日記はまだ続きます。
コメント
この記事へのコメント
ご来館ありがとうございました。
ご来館ありがとうございました。

私、館長のカバン持ちで
書記のアフがPOPに変身した
Affyと申します。

ご来館の際には
不在で大変失礼しました。
と館長が申しております^^
2009/09/24
(木) 10:15:13 | URL | Affy #-[ 編集]
いえいえとんでもないです
こちらこそ折角面白く説明をしていただいたのに、ちっとも覚えてなくてすみません。

またいずれ復習に行きますので、そのときはよろしくお願いいたします。
2009/09/24
(木) 11:13:08 | URL | ぼろー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.