FC2ブログ
「手掘り日本史」 司馬遼太郎
手堀り日本史

(本文より引用)

史観は、歴史を掘りかえす土木機械だと思っていますが、それ以上のものだとは思っていません。
(中略)
歴史をみるとき、ときにはその便利な土木機械を停止させて、手掘りで、掘りかえさなければならないことがあります。



このような考えで物を書かれていた司馬氏と、江藤文夫氏の「歴史の見方」に関する対談。

史観で歴史を片付けずに、いろんな手段で歴史上の人物の体温を感じ取ろうと試みる。その人物のにおいをかいでみようとする。
司馬氏の小説に出てくる登場人物が生き生きしている理由の一つが、司馬氏のこういう歴史の見方なんだなあと。
もちろん、他にもいろんな理由はあるのでしょうけどね。


ところで。
どうも、「歴史」=「暗記教科」で片付けてる人が多いような気がします。
もちろん学校教育のせいでもありますが、半分以上は本人の責任です。

非常にもったいない話です。

そういう観念で歴史を無視して生きている方々は、一度こういった本を手にとってみていただきたいです。
歴史を知っていたからといって何ができるわけでもないですけれど、歴史を知らなかったら何もできないともいえるのですよ。
と、意味深に言ってみたり。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.